1冊メモ投資方法(仮)を活用に移しつつあります

みなさんはどうして風評を管理していますか?

覚え書きですか?
タブレットのアプリケーションですか?


ぼくはともしっくり来ませんでした。

覚え書きはフレキシビリティーが低いのです。
レイアウト・ページ総和などはもはや決まっています。
「これ合わないな」と思ってもまた真新しい覚え書きを買ってきて書き写すのも面倒です。

タブレットはそもそも持っていません。
ガラケーは持っていますが、単にメイルと連絡のみです。

から、ひとまず無い覚え書きを持っています。
が、最低限の役割しか無く、日記などは他に持ち歩かなければなりません。

実に面倒です。
風評は1箇所においたほうが活用できるのではないか。

から、奥野宣之くんの「風評は1冊のメモ用紙にまとめなさい」という図書を買ってみました。

風評総括テクニックを説いた図書なのですが、何となくおもしろいだ。

何が変わっているかというと、日数システムによってメモ用紙に風評をずっと書き込んで赴き、後から見直すときの内容をPCで管理するというものです。

1冊のメモ用紙に日記から特異まで書き込んでいきます。

そうしてPCで中身を作っておくのです。

そうすれば、メモ用紙は1冊で済みます。何冊も持ち歩かなくていいです。
また、あとから風評を使うときはGoogleのようにPCで調査をかければいいのです。

これは可笑しいと思い、早速敢行に移してある。
どこまでうまくいくかわかりませんが、特にやってみたいと思います。iPhone7を予約でゲットした